紙たすインク、いこーる本

本が好き、音楽が好き、おやつが好き。自分メモも兼ねた紹介ブログです。

【スポンサーリンク】

あたたかで、かなしい 【この世界の片隅に】こうの史代

 

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

 

 コミックも映画も、たくさんの方がレビューしているので、今さら感すごいですが。

というか、これだけレビューが世に出ていたら、私もう言うことないんじゃとも思いますけど、まあ読後感だけでも。

 

おっとりしていて、少しおっちょこちょいの「すず」さん。

彼女の日常生活を通して、戦争というものを見ていきます。

 

広島市から呉市に嫁ぎ、新しい生活、新しい家族に少し戸惑いながらも、日々をこなしていくすずさんです。

温かみのある絵柄と、いわゆる「戦争」のモロ描写があまり出てこないこともあり、一見のんびり平和な昭和の日常を描いているように感じます。が、ちらちらと合間に覗く戦争の悲惨さはやはり無視できないところ。

 

とはいえ、当時の生活の様子がよく描きこまれているので、「戦い」以外の部分の、あの時代を知るにはとても興味深い本です。

 

理解が追いつかず少し難しいと感じる描写もありますが(読み手の読解力の問題か。)、読んで損はない、「戦争関連の本」です。

 

映画と併せて。

この世界の片隅に DVD-BOX

この世界の片隅に DVD-BOX