紙たすインク、いこーる本

本が好き、音楽が好き、おやつが好き。自分メモも兼ねた紹介ブログです。

【スポンサーリンク】

シュークリームは逆さにして食べるとクリームが飛び出さない。【検証】

シュークリームは厄介な食べ物である、なぜなら噛んだ反対側からクリームが飛び出して、気を抜いていたら大惨事()、ってことになるのであって、

 

って記事を2つ前に書いたものでしたが。

 

「逆さにして食べると良いのだよ^^」

 

というコメントをいただき、驚愕したものでした。

なんですと……

 

噛むことによって押し出されるクリームが、シューの空洞部分に収まっていくので飛び出しを避けられると、簡単に言えばつまりこういうことです。なるほど理屈は通っています。

けれど逆さにしてもしなくても空洞自体はあるわけで、じゃなんで逆さが良いのかって、それはもう重力の法則とかが絡んでくる話になっていくっぽいので。

賢くない私は考えるのを放棄しました。

 

で、本題。

そう言われたら本当かどうか検証せずにはいられないのがサガというものです。

やってみました。

 

今日のシュークリームはこれ。

f:id:oyasuminminzemi:20190722195701j:image

先日のに比べると一回り小さい印象。

てことはアイツが「大きな」ってドヤ顔でわざわざ名前に付け足してたのも、あながち嘘ではなかったのか。

 

逆さにした現場を撮ろうと思ってたのに忘れました。

底部分を上に向けて。こーゆーことですよね?他にないよね?

ではいただきます。……

 

結果、

 

本当でした。

 

え、なにこれ……

 

いつも向こう側に出てしまう「ブニャ現象」が、最初から食べ終わりまで起こらなかった!

しかも、押し出されたクリームが空洞部分に順調に収まっていくので、結果最後の一口まで、クリームがきっちり詰まった状態で口に入ってくることに。

ちょっと感動したぞ……

 

これもしかしてみんな知ってた……?

知らなかったの私だけ???

 

誰が思いついた裏技なんでしょうか、しかし少なくともシュークリームの創始者は、のちのちひっくり返されて食べるのが通(←?)であると広められるとは思いもしなかっただろうけれど。

 

更に真偽を極めるために、同じ種類のシュークリームを2つ買ってきて、「そのまま」と「逆さ」でレビューしてくださる方を座して待つ所存。