紙たすインク、いこーる本

本が好き、音楽が好き、おやつが好き。自分メモも兼ねた紹介ブログです。

【スポンサーリンク】

どうかどうか報われてと、願いながら読んだ本 【イノセント・デイズ】早見和真

 

イノセント・デイズ (新潮文庫)

イノセント・デイズ (新潮文庫)

 

 重い。心臓に何かが圧し掛かってくるみたいに重い。

でも、読まなきゃよかったとは思わない。

 

出版当時かなり話題になったし、この本をレビューしてるサイトやブログなんて山ほどあるので、今更私が何か言うのも場違いというか遅すぎというかなんですけど、まあそこは置いといて。

 

中心となる人物は、田中幸乃という30歳の女性です。元恋人の家に放火し、妻と双子の子どもを殺した罪で死刑宣告を受けた受刑者です。

幸乃の視点で書かれている部分は無し。話は、幸乃の人生に印象深く関わった者たちからの回想で成っています。

 

回想で幸乃の人生を辿って行くうちに、彼女はマスコミや周囲の人間に大きく誤解されているということが読み手には分かってきます。実際の彼女は、とても哀しく辛い日々を送ってきていた。幼少期から今に至るまで、どうしてこんなにもと思うほどに、不憫と理不尽の積み重なった道を歩かされていた。

 

幸乃の幼馴染みで弁護士の慎一。彼だけは最初から幸乃のことを信じていて、なんとか彼女を救おうと奔走しますが――――

 

***

 

マスコミの影響力というのは、良くも悪くも絶大です。

背景は全く違っていても、マスコミがこうだと叫べば、私たちは「そうなのか」と簡単に信じてしまう。

 

幸乃は極悪非道の殺人犯。でもこうなることは予想できた、だって昔から素行が悪かったし――――

 

真実は全然違うと読み手は分かっているのに、どうにもできないもどかしさ。

そして幸乃が無実を主張しない哀しさ。

 

どうしてあなたは何も言わないの、

どうしてみんな気づかないの、

どうしてみんな黙ってるの、

どうしてそんな理不尽が許されるの、

どうしてどうしてどうして。

 

気持ちがごっちゃごちゃになりながらも、ページをめくる手を止められない本です。

読後は、しばらくシンとなります。

 

ドラマにもなってたみたい……↓

連続ドラマW イノセント・デイズ [DVD]

連続ドラマW イノセント・デイズ [DVD]