紙たすインク、いこーる本

本が好き、音楽が好き、おやつが好き。自分メモも兼ねた紹介ブログです。

【スポンサーリンク】

甘くて苦しい思い出 【アップルパイ】

 

 おやつの話でもうひとつ思い出語りをば。

 

ヤマザキのアップルパイ。

全盛期(?)の頃よりひと周りもふた周りも小さくなっちゃったなあという印象ですが、時代の流れでこれもまた仕方ないことなのかなあと思いながら見ています。

 

これの思い出は19のとき。

そのころ、私はガソリンスタンドでアルバイトをしていました。社員3人と、朝番・昼番・夜番合わせて10人くらいのバイトで回していたところでした。

 

最年少だった私に、後輩ができました。

16歳の女子高生。学校が終わってから夜の時間帯に入るという感じです。高校生なので閉店(23時)まではシフトに入れず、17時から21時でシフトが組まれていました。

基本夜番が多かった私とはよく時間帯が重なり、そうなると自然と話すようになり、すぐに仲良くなりました。よく笑い、真面目に仕事に取り組む子でした。

 

私が休みで彼女がシフトに入っていた日の次の日、私が自分のロッカーを開けるとお菓子が入っていた、ということもよくありました。

 

「休憩のときにはにゃさんと食べようと思って持って来たんですけどお休みだったんですね~!でもせっかくなのでお裾分けします。今ハマってるやつです!」

 

16歳らしい(?)置き手紙も毎回入っていました。

 

ある日曜日の夕方、ロッカーを開けるとヤマザキのアップルパイが置いてありました。

今までは「お裾分け」……つまり、袋の中の数個(個包装の飴とかチョコとか)だったので、「そのもの1個」が置いてあるということにちょっとだけ驚きました。なんだこの大盤振る舞い。すごいな。

 

「私がいまいちばん好きなパンです♪ でもカロリーすごいんです!(笑)よかったら~♪

あ、いまさっき買ったんで新鮮です(笑)」

 

どうやら彼女は午前中に入っていたようでした。

思わず袋をひっくり返したのは言うまでもないというか。この菓子パンの存在はもちろん知っていましたが、あまり買うこともなかったのもあって、カロリーなど気にしたこともありませんでした。カロリーを気にするって、やっぱり女子高生らしい。微笑ましく思って、表示を見ました。600キロカロリー近くありました。ホントだカロリーすごい。笑ってしまいました。

 

シフトを確認したら、次の日が彼女と会えることになっていました。お礼言おう、私も仕返しになにかカロリーすごいものを持って行くべきだろうか。明日が楽しみでした。

アップルパイは、カロリーのことが念頭にあったからか、食べ応えがありました。

 

次の日、彼女は来ませんでした。

 

体調でも崩しただろうか。店長に聞くと、彼女は昨日付けで退職したと答えが返ってきました。正しく言うと、クビにしたと。

 

彼女は、スタッフのロッカーを開けて、財布からお金を抜き取っていたらしいのでした。それも、複数人の財布から、何度も。

 

少人数の職場でそんなことをすれば、絞り込まれて特定されるのなんてあっという間だというのに。なぜ彼女はそんなことを。

(いえ大人数だったら良いというわけでは決してありませんが)

 

昨日、私のロッカーにアップルパイを置いたときは、解雇が決まっていたのでしょうか。クビと言い渡されてなおそんなことができる人はいないでしょう。まだ呼び出されて話をされる前だったのでしょう。

 

いや、というか、それよりも。

 

彼女は私のロッカーをどういう気持ちで開けていたのでしょう。

 

基本ロッカーには鍵をかけない人間でした。その代わり、自分のネームバッジ以外、何も置かない派でした。

開けたときに財布が入っていたら、やはり彼女は盗ったのでしょうか。そもそも最初に開けた時は、何かを盗るつもりでそうしたのでしょうか。

 

彼女が解雇されたことと、私に宛てたお茶目な置き手紙がとてもちぐはぐで、どうにも苦しい思いがしばらく消えませんでした。

 

サイズは小さくなったものの今でもアップルパイはスーパーのパンコーナーに並んでいます。

ハイカロリーな菓子パンは他にも山ほどあるのに、私はヤマザキのアップルパイだけは「これはカロリーすごいやつ」とはっきり認識していて、なんとなく買う手を躊躇わせています。思えばあれから一度も食べていません。

 

メロンパンは買ってるくせに!

 

 

oyasuminminzemi.hateblo.jp