紙たすインク、いこーる本

本が好き、音楽が好き、おやつが好き。自分メモも兼ねた紹介ブログです。

【スポンサーリンク】

【雑記】段ボール5個の夢は破れて

昨日ご紹介しましたミニマリストの汐路さんを引っ張るつもりはないのですが、結果的には似た(しかし非なる)話になります。

 

かくかくしかじかで、突然引越しが決まりました。

社員寮っていうんでしょうか、会社が契約しているアパートのひと部屋を、かくかくしかじかでお借りすることになりました。

昨日の夕方その話がありました。引っ越すのは火曜日です。実質荷物をまとめるのに私に許された時間は3日です。鬼畜です有難うございます。

いま汗だくで死にそうになっています。

 

箱詰めを始めるにあたり、昨日の汐路さんを思い出したのは偶然か必然か。

なんというタイミング、どれ私も段ボール5箱にまとめ上げてやるわ!!!

 

 

 

現在段ボール10箱ですすみませんでした

 

 

あと3箱ぶんくらいで落ち着くかな……

でも冷蔵庫と洗濯機がある時点ですでに汐路さんには頭が上がらないわけですが(いつの間にか勝負になっている不思議)

 

それにしてもなんというか、自分の無能さにがっかりです。

昨日もちょっと書きましたが、バリバリのミニマリストというわけではないけれど、荷物は少なめにしておきたい派です。

普段から不要なものはこまめに処分していたはず(つもり)なのに。

 

なんでこんなにゴミが出るのか(呆然)

 

引越しを経験したことのある方は、きっと誰しも「わかる」と感じることと思いますが。

引越しって、「吹っ切れ」のレバーが普段よりも高い位置に上げられませんか。

少しでも身軽になって移動したくて。

 

レベルの上がった目で見たらこれもあれも要らんかった、なんで取っといてたんやろ私。うーん要らん要らんこれも。

みるみるゴミ袋が1つ2つ膨らんでいきました。なにこれどういうこと……

 

そうか、ミニマリストの方は普段からこのレバーがMAXなんですね。ほんの少しも躊躇しないんだな。

 

社員寮は9カ月だけの滞在なので、その後の引っ越しに備えてこれからはレバー上げめでいこうと思います。

 

長い腕 (角川文庫)

長い腕 (角川文庫)