紙たすインク、いこーる本

本が好き、音楽が好き、おやつが好き。自分メモも兼ねた紹介ブログです。

【スポンサーリンク】

【恋】星野源。ことば選びがすごい件


星野源 - 恋【MV & Trailer】/ Gen Hoshino - Koi

(※この記事は、歌詞の考察記事ではありません)

 

本も好きですが、音楽も好きです。

好きな音楽は、

 

・このメロディーが好きだ(アーティストが好きとは言っていない)

・この歌手が好きだから、この人が出す曲は全部好きだ

・歌手も曲もそこまで好きではないけれど(ごめんなさい)、歌詞のことば選びが好きだ

 

という、主に3つのパターンがありまして。

数年前に大流行りした星野源さんの「恋」は、まさしく3つ目のパターンでした(ごめんなさい)

 

私はなんというか「ことば」が好きで、絶妙な言い回しとか綺麗な言葉とかにやたら反応してしまうのです。

(そんなことを言いながらブログの文章はまったくなんの面白みもないもので切ない限りですが……)

 

で、本題に戻りまして。

 

この「恋」の歌詞の中に、

 

恋をしたの貴方の

指の混ざり 頬の香り

夫婦を超えてゆけ

 

とあるのですが。

 

「指の混ざり」って、すごいなと思ったんです。

「指をからめる」とか、「手をつなぐ」とかはよく耳にするフレーズです。

でも、「指が混ざる」。指を絡める(いわゆる恋人つなぎ?)のことをこんなふうに表現するなんて。……すごくない?私だけ?

 

あともうひとつ。

そのすぐ後に続く「頬の香り」も一見の価値あり。

 

ほっぺたの香りを感じるにはどんだけ近づかなければならないの、って。

ちょ、もうキスするレベルで距離を詰めてるのが文字の間から見えてきて勝手に恥ずかしいんですけど!!!!!もうキスしてるかもしれないけど!!!!!

 

……そう、その「キス」を「頬の香り」ということばのチョイスで表現しきったのがすごいと思ったんです。……すごくない?私だけ?

 

私はあまり頭がよろしくないので正直歌詞全体の意味は分からないんですが(ごめんなさい)、この部分だけは耳がバァッ!!って反応して、しばらく呆然としてました(感動?の衝撃?で。笑)

 

かなりマニアックなようで、身近な人にこの件を熱弁しても「フーン……?(困惑)」みたいな切ない反応しか返ってこず、あまりこういう話は受けないんだな……とお蔵入りさせた話題でした。

が、どなたかひとりでも「あー!それ自分も思ってた!」みたいなかたがいたら嬉しいなあと、まだ見ぬお仲間に思いを馳せる昨今。

 

他にも、この歌詞面白いよみたいな歌があったらぜひ教えてくださいませ!!