紙たすインク、いこーる本

本が好き、音楽が好き、おやつが好き。自分メモも兼ねた紹介ブログです。

【スポンサーリンク】

経済産業省官僚の覚せい剤使用で思う、とてもくだらないこと

 

経済産業省のキャリア官僚(28)が覚せい剤をを使用したとして逮捕されていますが。

 

事件の詳しい経緯や当人の処遇は、もう専門家にお任せするとして、しがない庶民は何も言いませんが。

(あ、でも依願退職とかになったらなんか納得できないけどね。懲戒解雇にしていただきたいところですね。)

 

でもちょっと考えてしまいませんか。

 

中学生とか高校生のころ、授業で習ったことくらいしか知識はないけれども。

覚せい剤ってビフォー/アフターでテンションも性格も仕事能力(?)とかもすっごい変わるって聞く。

周囲、だれもその変化に気付かなかったのかなって。

だって普通に職場のトイレとか会議室で使ってたんでしょ。

めっちゃ就業時間内じゃないのー(とゆーか、よく気付かれなかったデスネ!)。

周りの人たち、なんかおかしいとか思わなかったんですかねえ……。

 

あと、ものすごく小心者の発言なんですが、

よくやる気になったなあって。

いや覚せい剤使用の罪の重さとかそこではなくて、まずその「注射」がですね。

 

 

だって痛くない?

 

私注射大嫌いだから…………。

 

 

腕に針さすとか怖くてできんのやけど……