紙たすインク、いこーる本

本が好き、音楽が好き、おやつが好き。自分メモも兼ねた紹介ブログです。

【スポンサーリンク】

生き残る確率は24分の1 【ハンガー・ゲーム】スーザン・コリンズ

ハンガー・ゲーム(上) (文庫ダ・ヴィンチ) 作者: スーザン・コリンズ 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー 発売日: 2012/09/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ハンガー・ゲーム(下) (文庫ダ・ヴィンチ) 作者: スーザン・…

哀しいアンドロイドのはなし 【雨の日のアイリス】松山剛

雨の日のアイリス (電撃文庫) 作者: 松山剛,ヒラサト 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス 発売日: 2011/05/10 メディア: 文庫 購入: 15人 クリック: 176回 この商品を含むブログ (60件) を見る ラノベです。 ラノベ、積極的に読むわけではないけれど…

等身大の少年探偵に好感が持てる 【少年探偵ブラウン】ドナルド・ソボル

少年探偵ブラウン(1) (偕成社文庫2035) 作者: ドナルド=ソボル,桜井誠,Donald Sobol,花輪莞爾 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 1977/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (1件) を見る 図書館に行ったとき、…

色や粘度や臭いまで立ち上ってきそうな 【悲しみのイレーヌ】ピエール・ルメートル

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3) 作者: ピエール・ルメートル,橘明美 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/10/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (64件) を見る 以前、「その女アレックス」をご紹介しましたが、同じ作者のものです。 www.oyas…

ラストの胸糞の悪さに衝撃を隠せない 【仮面同窓会】雫井脩介

仮面同窓会 (幻冬舎文庫) 作者: 雫井脩介 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/08/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 昨日、気持ち悪い男の代表として「火の粉」を挙げましたが。 雫井作品で思い出しました、こちらも相当なヤツだった…

どこまでが現実か分からないのが怖い 【怪談のテープ起こし】三津田信三

怪談のテープ起こし (集英社文庫) 作者: 三津田信三 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2019/01/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 口頭で語られる、いわゆる「怪談」を録音したものを文字に起こしました、という話ではなくて、自殺した人の最後…

笑顔で近づいてくる気味悪さ 【火の粉】雫井脩介

火の粉 (幻冬舎文庫) 作者: 雫井脩介 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2004/08/01 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 33回 この商品を含むブログ (161件) を見る 先日、「気持ち悪い女」として1作品挙げましたが。 これ↓ oyasuminminzemi.hateblo.jp 「気…

仄暗さと同居する哀しさ 【屍鬼】小野不由美

屍鬼(一) (新潮文庫) 作者: 小野不由美 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2002/01/30 メディア: 文庫 購入: 14人 クリック: 254回 この商品を含むブログ (194件) を見る 私が読んだのは15年くらい前だったように思います。 当時は文庫になっていなくて、ご…

白衣の、幼女、では、ない。【シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官】

シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫) 作者: 川瀬七緒 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/08/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 私が読んだときは単行本だったんですが、いまは文庫になってるんですね。 おっと注意。 こ…

「女」の気持ち悪さ。さすがです。【悪母】春口裕子

悪母 (実業之日本社文庫) 作者: 春口裕子 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2019/06/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る いつぐらいから目に入り始めたのか覚えていないのですが、春口裕子さん。 ご近所トラブル系というか、ママ友トラブル…

イヤミスと言えばこの人。【お引越し】真梨幸子

お引っ越し (角川文庫) 作者: 真梨幸子 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/11/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 先日、引っ越しまして。 「引越し」のキーワードが最近ずっと頭にあったので、なんかそれで思い出しました。 そういえばそ…

絶望の先の小さな光、それを見たかった気もするけれど 【世界が赫に染まる日に】櫛木理宇

世界が赫(あか)に染まる日に 作者: 櫛木理宇 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2016/01/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る ヤドカリ女でおなじみの櫛木理宇さんです。(違) 300ページ超えの長編ですが、先が気になっ…

あなたは償うことなく、何を思うのか 【罪の声】塩田武士

罪の声 (講談社文庫) 作者: 塩田武士 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/05/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 昨日の夜、ショッピングモールの中に入っている大型書店にふらりと入っていろいろ眺めていたら、文庫コーナーの一番目立つとこ…

操られて、抜け出せないということ 【寄居虫女】櫛木理宇

寄居虫女 (単行本) 作者: 櫛木理宇 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/08/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る あらすじ: 玄関先で出会った少年は、事故で亡くした息子と同じ名前だった。放っとけない気持ちになり、留美…

小さなトリックを、そっと隠すのが上手い 【満願】米澤穂信

満願 (新潮文庫) 作者: 米澤穂信 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/07/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (12件) を見る 有名すぎて今更ですね。 6つの独立した短編でできています。 短編なので区切りをつけやすいなと思って読みはじめたけど、…

怖すぎるから読むのやめた方がいいよ!って人に勧めまくった本。【黒い家】貴志祐介

黒い家 (角川ホラー文庫) 作者: 貴志祐介 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1998/12/10 メディア: 文庫 購入: 38人 クリック: 500回 この商品を含むブログ (184件) を見る 20年前の本だっていうのに怖すぎ(関係ない) 私は観ていませんが映画にもなったよ…

【雑記】段ボール5個の夢は破れて

昨日ご紹介しましたミニマリストの汐路さんを引っ張るつもりはないのですが、結果的には似た(しかし非なる)話になります。 かくかくしかじかで、突然引越しが決まりました。 社員寮っていうんでしょうか、会社が契約しているアパートのひと部屋を、かくか…

「ミニマリストの本じゃない本」にミニマリストがいたときの嬉しさww 【長い腕】川崎草志

長い腕 (角川文庫) 作者: 川崎草志 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2012/10/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 病的なミニマリストではないですが、常に身軽にはしておきたくて、しょっちゅう断捨離っぽいことをしています。…

ある意味集中できない本ww 【つめ】山本甲士

つめ 作者: 山本甲士 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/10/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 乱読人間ですが、ややミステリに偏り気味の私としてはちょっと珍しいものを見つけました。 こういう、なんていうんだろう、こういう、……ハ…

分かる……分かるぞそのマニアックな気持ち……【段ボールはたからもの】島津冬樹

段ボールはたからもの 偶然のアップサイクル 作者: 島津冬樹 出版社/メーカー: 柏書房 発売日: 2018/12/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 9年間、段ボールを拾って生きている男 (そして今も止めない男) 小説ではありません。 環境保全の本…

彼女の「強さ」が、ただただ哀しい。【その女アレックス】ピエール・ルメートル

その女アレックス (文春文庫) 作者: ピエールルメートル,橘明美 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/09/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (159件) を見る あらすじ: 拉致され、監禁されたアレックス。身動き出来ないほどの小さな檻に閉じ込めら…

死刑のノウハウが脳髄にミシミシくる 【13階段】高野和明

13階段 (講談社文庫) 作者: 高野和明 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/08/10 メディア: 文庫 購入: 19人 クリック: 91回 この商品を含むブログ (217件) を見る あらすじ: 無実の死刑囚の冤罪を晴らすため、刑務官・南郷は仮釈放中の青年・三上ととも…

警察関係者で誰か一人でもこれ読んだ人いる?【殺人犯はそこにいる】清水潔

殺人犯はそこにいる (新潮文庫) 作者: 清水潔 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/05/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (20件) を見る 何も言わず読んで欲しいの一言に尽きる。 岩手県のとある書店で、斬新な売り方をしたので話題になりましたね。…

一貫して漂う「寂しさ」と「冷たさ」。【熊と踊れ 上・下】アンデシュ・ルースルンド

熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: アンデシュ・ルースルンド,ステファン・トゥンベリ,ヘレンハルメ美穂,羽根由 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/09/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (30件) を見る 3年くらい前でしたっけ。 本屋…

納得してしまう自分にギョッとする。【廃用身】久坂部羊

廃用身 (幻冬舎文庫) 作者: 久坂部羊 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2005/04/01 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 25回 この商品を含むブログ (41件) を見る この小説が出たのは10年以上も前のことですが、読んだ時に受ける衝撃は今も色褪せないと思う…

強制終了すごい。【リバース】湊かなえ

リバース (講談社文庫) 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る あらすじ: 深瀬和久は平凡な会社員。取り立てて熱い何かを持っているわけでもなく、抜きん出た才能を持っているわけ…

それはまるで、軍隊か収容所 【一〇一教室】似鳥鶏

一○一教室 作者: 似鳥鶏 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/10/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る あらすじ: 全寮制一貫校・私立恭心学園。 高い進学実績、引きこもりや反抗まで”治る”と話題の学校で、一人の高校生が死んだ…

シャンとせえ!って、主人公をビンタしたい。【代償】伊岡瞬

代償 (角川文庫) 作者: 伊岡瞬 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/05/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る あらすじ: 平凡な家庭で、普通に幸せだった小学生の圭輔。事故で両親を亡くし、遠縁の家に引き取られ、一緒に暮ら…

実態不明のアノ国 【北朝鮮を撮ってきた!:アメリカ人女性カメラマン「不思議の国」漫遊記】ウェンディ・E. シモンズ

www.oyasuminminzemi.work どうなってるのか分からないからこそ、どうなってるのか見たい! でも自分が行って確かめてくる気にはなれないわだって怖いし! というジレンマをいろいろ解決してくれる(?)良本。良本? 「見学用」として準備されているコース…

設定は良い!でも広げ過ぎて残念。 【刑罰0号】西條奈加

刑罰0号 作者: 西條奈加 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2016/08/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 表紙の美しさに反して中身の重さェ…… 「ジャッジメント」が「被害者の気持ちを思い知れ(物理)」なら、こちらは「(精神)」ですね…